健康保険取り扱いについて

鍼灸マッサージの治療を受ける時に健康保険を使えるってご存知ですか?

 

鍼灸の場合は

 

次の6疾患について【医師の診断書】があれば

保険取り扱いが可能です

 

神経痛…坐骨神経痛、手や足の神経痛に対して鍼灸保険が利用出来ます

 

リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛い場合鍼灸保険が適応となります

 

腰痛症 …慢性の腰痛、ぎっくり腰(急性腰痛)など。

 

五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。

 

頚腕症候群…頚から肩、腕の症状に適応となります。

 

頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。

 

これらに適応するものは保険取り扱いが可能です。

鍼灸保険 取り扱い手順

まずは一度来院ください

 

まずは電話もしくはメールにて「つるみ鍼灸マッサージ院」の予約をお取りください

 

その際に「保険での治療お願いしたいのですが」

 

とお伝えくださると準備などスムーズです。

 

 

つるみ鍼灸マッサージ院にて紹介状をお渡しします

保険証を確認させて頂いて、鍼灸保険の適応である事を確認の上

必要書類を作成致します。

 

診断書の依頼をあなたにお渡ししますので

すぐ近くの医療機関を受診してください。

医療機関にて診断書が発行されましたら、鍼灸保険の利用がスタートします。

 

窓口で支払う金額は

3割負担でおよそ500円程度、1割負担でしたら200円程度です。

 

治療時間は長くとも30分程度で終わります。

施術後次回予約をして終了です。

診断書は3か月有効です。

医療機関で発行して頂いた診断書は3か月間有効です。

3か月後も継続して治療を続けていく場合は再度、医師に継続

して良いか口頭または書類で確認していかなくてはなりません。

医療機関では腰痛や神経痛などの場合、内科的な問題が無いか

骨に異常が無いか診察と検査が行われます。

 

その際の費用はもしかしたら、つるみ鍼灸マッサージ院の初診より高いかもしれません

また、医療機関も混在しているので、時間がかかる、など保険を利用するまでに

時間がかかるので、お忙しい方には難しい場合もあります。

しかし、医療機関に定期的に通院するきっかりが出来たお陰で

 

今まで見つからなかった病気が早期発見出来たり、鍼灸保険を利用して

 

治療回数を増やした結果、症状が早く治るといったメリットもあります。

週2以上の来院の場合は鍼灸保険も検討してみてはいかがでしょうか?

治験モニター募集

お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

チャンネル登録

よろしくお願いします