ランニング中またはランニング後、膝が痛い方へ

ランニング初心者に膝痛がダントツ多い

マラソン練習を開始してまず最初に痛くなるのが膝だと思います。

 

つるみ鍼灸に駆け込んで来られる

 

ほとんどのランニング初心者さんも「膝が痛い」

 

が主訴です。

膝痛で来院された場合にチェックする事(膝そのものが悪い場合)

外傷性(怪我)の場合

外傷性・急性の場合

外傷があるか。

慢性か急性か。まずこれをチェックします

 

外傷性で急性の場合は、骨折、脱臼、靭帯損傷の疑いですので

緑かねこクリニック様に診察依頼させて頂いております。

 

骨折や脱臼については当院では治療致しかねます。

医師の診察を受けて、リハビリする事をおすすめします。

外傷性 慢性の場合

外傷性だが慢性の場合

 

骨折、脱臼の後遺症や半月板損傷の後遺症ですが

 

アスレティックリハビリテーションをおすすめします。

緑かねこクリニック様でも実施しています

外傷はない場合

発赤あり

関節リウマチ・化膿性関節炎などの疑いがあります。

激しい痛み(動かしていないのに痛い)は炎症性疾患・腫瘍・骨壊死

などの可能性もありますので、医療機関を受診しましょう

発赤なし

腫脹や熱感があれば変形性膝関節症や滑液包炎を疑います。

腫れや熱感が無ければ変形性膝関節症の初期かもしれません。

これら膝症状につきましては、医師の診察がいますぐ必要なものについては

すぐ受診してもらうようにしています。

 

今では信頼関係が出来ており、人工関節の手術をした後に

往診して膝の治療(回復を促す治療)と他動運動でのリハビリを

依頼してもらってお手伝いするようになりました。

さて本題

 

ランニングで膝が痛くなる場合はほとんど筋肉、腱、神経が原因です

 

 

プロ向けアドバイス

半月板症状が出ていても

内側半月板には半膜様筋がつきますし

外側半月板には大腿二頭筋や膝窩筋が付着するので

アプローチしていく事になります

膝の外側

腸脛靭帯炎の場合がほとんどです。

腸脛靭帯はおしりから膝の外側ま覆っているので

おしりから膝までの広い範囲をマッサージボールなどで

筋膜リリースして緩めるといいでしょう。

膝の内側

大腿四頭筋や大腿二頭筋も緩めるが

内転筋が硬くなっている場合が多いので

これもしっかり緩めるといいだろう

よっしゃいい治療が出来た。と思っているのになかなか膝が良くならない場合は

胃の治療も併用するといい。

経絡治療など普段まったくしない私が膝のケアに陽明胃経を薦めるのだから

是非試してほしい。

 

結局考え始めるといろいろなパターンが思いついてしまい

ランナーさんにいいアドバイスが書きにくかった。

 

体重を減らす事とシザース腹筋

をして足の全面を鍛える事も膝痛予防にはおすすめです

お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

チャンネル登録

よろしくお願いします