保険の取り扱いについて

あん摩マッサージ指圧院で健康保険が使えるのは、脳疾患などによる〔筋麻痺〕と骨折などによる〔関節拘縮〕となっております。


いずれも医師の同意を必要とします。


鍼灸院で健康保険が使えるのは

①神経痛②リウマチ③頸腕症候群④五十肩⑤腰痛症⑥頚椎捻挫後遺症です



①神経痛は、病気の範囲が広いので、身体のあらゆる場所の慢性的疼痛に適用され得ます。


②リウマチは、かなり限定された疾患ですから、病院にてリウマチと診断されたものに限ります。


③頚腕症候群は、かなり解釈の広い疾患です。頚部(首)、肩関節、上肢(腕)の筋肉や靭帯から発生する痛みなどはほとんどこの病名の範囲にあります。症状としては頚、肩、腕の痛み、こり感、しびれ感、重だるさなどです。


④五十肩は、これも限定された病名です。40代~50代、希に60代にみられる肩関節の疼痛疾患で、特徴的な症状は、腕に痛みがあり、上がらない(挙上困難)、帯を腰の後ろで結ぶ動作が出来ない(結帯動作困難)、髪の毛を頭の後ろでさわれない(結髪動作困難)。また夜間に肩関節から腕が痛み眠られない人もいます。


⑤腰痛症は、頚腕症候群と同じく範囲の広い疾患です。特に筋肉、靭帯による疼痛に対し鍼灸は著効を示します。
症状は腰の痛み、重だるさ、下肢への関連痛等ほとんどの老化による痛みはこの病名でくくられるものです。


⑥頸椎捻挫後遺症は、いわゆるむち打ち症の後遺症です。

鍼灸の保険取り扱いの方が6疾患に当てはまる場合が多く、利用の希望は多いですね。

安くて済むと思ったら、医師の診断書をもらう時に、内科を受診したら初診料、血液検査、レントゲン、診察など1万円かかったと聞きました。
そういう点も考慮して頂ければ保険の方が安くて治療受けられますね。

鍼灸保険でしたら一回の時間は20分程度、マッサージは別。となりますが、一回の施術費用は500円程度です【最初の治療には初診料がかかります】ご近所さんでマメに通うならアリかもしれませんね。

気をつけないといけないのが、鍼灸保険を利用している最中に6疾患で病院に通院してしまうと、同意書は無効となります。

腰痛症で同意書を獲得、鍼灸保険で治療している方が、母親の病院付き添いでついでに診察を受けて腰痛の湿布を貰った。という事で鍼灸保険が中止となる事案もありました。

施術しても総額【10割計算】1400円しか頂けない鍼灸保険は鍼灸院には不人気で、なかなか取り扱いしていないですが、当院は利用頂けます。
色々ルールがあってややこしいですが、興味のある方はお問い合わせして見てくださいね。


お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

2017年

7月

24日

予約一覧

続きを読む

チャンネル登録

よろしくお願いします