ランナーズケアとは

ランナーズケアの大事な所はね、脚の治療をすればランナーの方が満足する訳ではないという所なんです。

どういう想いで走っているか。
故障した場合、その気持ちをキチンと受け止めているか。

「20キロ走してきました。」と聞いて、軽く受け流す先生がいます。

が、20キロ走った事が無いとわからないかもしれませんが、20キロって1時間以上、ゆっくりだと2時間ぐらいかかります。

「めちゃめちゃ頑張りましたねぇ!」とやっぱり言って欲しいです。「あぁ15キロでやめよか、明日頑張ればええか?」とサボりたい自分の心と葛藤したりもします。

マラソンランナーさんが関浦の治療に患者さんとして興味があるように、鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師、整体の方やいろいろな方が施術者としてマラソンランナーのケアに興味があるようで、メール、フェイスブックやツイッターなどで質問を頂きます。

治療者としての気持ちよりも、自分が選手だった時の気持ちを大切にして、ケアしています。

走れない身体を治療するのはお金を頂くプロとして当たり前ですよね。

走る人のメンタルケアをさりげなく、キチンと受け止めてホッとして頂くか?まで気配り目配りしたら、走る人のケアは上手くいくと思います。

走る人。の【人を人が診る】訳ですからね。
気持ちや想いを大事にして下さい。と、これがランナーズケアの大切にしているポイントでございます。

当たり前な事で簡単な事をわざわざ書くなよ〜と言われそうですが、なかなか出来ないですヨ〜〜。

ケアしてる、方に向けて書いてみました♪
私の師匠(と勝手に思っている)ご紹介

中村先生は素晴らしい方です。
私の師匠です

つるみ鍼灸マッサージ院オススメのマッサージボールはコチラ

お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

チャンネル登録

よろしくお願いします