本日も無事終了しました。

今日も無事に終了しました。

エアコンを含む寒暖差に影響を受けて首の筋肉が硬くなっている方が多いですね。

首が緊張すると緊張性頭痛になりやすくて、今日は頭痛の方が多かったです。

 

明日は9時11時13時と来院がありまして

16時17時に往診、19時から2名様出張マッサージの依頼を頂いております。

 

喜びの声 マラソン練習の成果について

市民ランナーはなかなかインターバルトレーニング、レペティショントレーニング

に取り組む事が少ないと思います。

 

マラソンの42.195キロを走るのに400mや1500mのハアハア息を切らせて走るのが

必要なのか?と聞かれます。

 

インターバルトレーニングで重要なのはメインの速く走る区間ではなくて

繋ぎのジョグにあると思います。

 

息を切らせて、脈拍もガンガン上がって、足も乳酸が溜まり動けない。

ああ、自分はマラソンは35キロで終わった。。。

 

なんて事よくありますよね。はあはあしなくても足にきてしまうのはありますね。

 

そこからまるでゾンビのように死んだと思ったら生き返るように事が出来たら

諦めかけたゴール、タイム、順位を平行線のまま、あるいは上昇させて

ゴール出来れば嬉しいと思います。

 

インターバルのダッシュ区間はゾンビ状態に持っていくために

足をズタズタに、呼吸をゼイハア言わせて、心臓バクバク状態を作るために

あえて走らないような速いペースで涼しい顔して走れないような

いつもの走りをぶっ壊して頂く為にダッシュしてもらっています。

 

で、フラフラ状態からのジョグでいかにリカバリーするか長時間のレースで

アライブ出来るタフなランナーになってもらいたいとの思いで

夏場はスピード錬をすすめています。

 

いつも話している内容もこうやって書き起こすと長文になりますね。

 

いつも木曜に来て頂いている「つるみ鍼灸マッサージマラソン強化指定選手w」

の方から、尼崎ナントランでAチームで参加したが、つるみ鍼灸のメニューをやっていた

お陰で、尼錬が楽に感じましたとのコメントを頂きました。

 

尼連で速い方はマラソンでもきっと速いはず。

尼連で前の方についていけたら、きっと自信になると思って

メニュー出ししてましたので、作戦通りで喜んで頂けて

自分も嬉しかったです。

 

 

夏場はとにかく気温が高く、内臓への負担が大きすぎて、結果

それほどペースも速くなく、距離も多くないのに、フォームの乱れから

あちこち痛めて、うちに相談に来るという場面が多いです。

 

そのまま、近所を走るのであれば日没後か夜明け前走る。

あるいは生駒ボルダーや六甲山、金剛山、妙見山など少し高地に行く

もしくは心肺機能と対乳酸能力、LT値を上げる事

など暑い環境に柔軟に対応する事も大切だと思います。

 

私自身は乳酸をエネルギー源として再利用する力を練習でゲットしてもらいたいな

と考えていますが、普段ランナーズケア利用の方に運動生理学的な話を

ぺらぺらと話すことはありません。でも努力と根性と忍耐はこちらからは提供しないので

正しい理論、科学的裏付けのある事を中心に出来るだけ分かりやすく

説明の中に織り込んで話しているので

 

関浦の所に行ってマッサージ受けて、ランニングの話していたら

いつのまにかサブスリー出来ていた

 

でいいと思っています。

 

走力、故障予防だけではなくランニングエコノミーなど

いろいろな視点が関わる皆様の笑顔を増やせたらいいなぁと

考えています。

 

長くなっちゃった。すいません。お疲れ様でした

お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

2017年

7月

24日

予約一覧

続きを読む

チャンネル登録

よろしくお願いします