予約一覧を修正しました。ありがとうございます~

Mさん無事に修正しましたよ~。

 

はい。という事で予約表が先の予定見れないよ。と教えて頂いたので

いま、無事に修正致しました。

 

どうやらグーグルカレンダーで表示すると現在の様子しかわからなくなるみたいです。

ウィジットで表示するといろいろな機能が使えるようです。

勉強になりました。ありがとうございます。

予約の連絡も待っています♪

24.25は天神祭ですね。

日本三大祭の一つ天神祭があります。

他は、京都の祇園祭、東京の神田祭

 

天満宮御鎮座の翌々年、天暦5年(951)に

 

社頭の浜から神鉾を流し、流れついた浜に斎場を設け

 

「禊祓い・みそぎはらい」を行ないました。

 

その折、神領民が船を仕立てて奉迎したのが天神祭の始まりとされ、

 

一千年の歴史を誇っています。

 

それ以来、船の数も増え、豊臣秀吉が大坂城を築いた頃には

 

船渡御の形が整ってきました。

 

天下の台所と呼ばれた元禄時代(17世紀後半)以降

 

天神祭は浪速の繁栄のシンボルとして隆盛をきわめ

 

享保年間(18世紀前半)には「講」という祭りを支える組織が誕生し

 

新たにお迎え人形も登場し、祭りの豪華さは全国に名を馳せます。

 

幕末の政変や二度の世界大戦で中断があったものの

 

第二次世界大戦後の昭和24年に船渡御が復活。

 

また、地盤沈下の影響で橋桁が低下し下航することが困難となったため

 

大川を遡航するという現在の形になったのは昭和28年からのこと。

 

天神祭には幾多の変遷があり、その存続が危ぶまれた時期もありました。

 

しかしその度に困難を打開し、伝統を守り、盛り上げていったのは

 

浪速っ子の土性骨と心意気です。

 

天神祭は今も、そうした人々の熱いエネルギーに支えられ発展しています

 

大阪天満宮ホームページより転載 大阪天満宮

花火は月曜みたいです。

道路混雑するのでお気を付けくださいね。

7/25日 19時30分~21時ごろ

 

詳しくは ココ ご覧ください

月間予約一覧

予約はフォームからもどうぞ

メモ: * は入力必須項目です

お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

チャンネル登録

よろしくお願いします