足のだるさ、むくみの治療について

足のむくみや冷えに対する治療について

 

むくみがなかなか取れないとお悩みの方には

まずは内科にて血液検査をオススメしています。

 

紹介している医院は小林医院さんです※

心臓・腎臓・肝臓に問題が無ければ

鍼灸マッサージ院の出番です

 

医院に受診をおすすめする理由

※医師との連携がきちんと取れていない、我々が先行して医療行為を開始するべきではない

 と私は考えています。

 

 足のむくみがなかなか治らない→肝臓腎臓に問題があってアルブミン量が低下や

 動脈硬化や狭心症、心筋梗塞を発見出来る場合もあります。

 

 また【むくみ、だるさ、鈍痛、熱っぽさ、かゆみ、足がつる】などある場合は

 下肢静脈瘤の疑いもあります。診断は出来ませんが推測は出来ます。

 この場合も医師の診察を受けるべきと考えています。リンク先参照

 

 残念ながら、鍼灸マッサージ院の検査ではわからない部分も多くあります。

 我々ではわからない部分がある事を知った上で適切なアドバイスをする事が

 鍼灸師・マッサージ師として医師に認めて頂けるのではないでしょうか。

 

 責任ある立場だからこそ、小林先生と連携して患者さんの身体を良くしていきたい

 そう考えています。

 

【めんどくさい事を言いますが、それが患者さんの為だと信じています】

足のむくみに対する考え方

我々あん摩マッサージ指圧師はさまざまな手技テクニックを使い施術をしていますが

足のむくみ=静脈の流れを促す事がポイントになります。

 

静脈の流れを促進するには足先から心臓に向かって

マッサージすると効果があります。

 

マッサージは肌に直接触れて施術をします。直接押し上げると摩擦で痛いので

オイル、クリーム、パウダーを使いすべりを良くします。

 

当院でむくみ取りに使用しているオイルは

というオイルです

いろいろ試した結果これがベストだと考えています。

静脈が流れにくい部分

  1. ソケイ部 ふとももの付け根 コマネチの所(←古い言い方)
  2. 膝裏 
  3. ふくらはぎ特に外側
  4. つま先と足首

この4箇所を重点的に足先から心臓の方向に押し上げます。あん摩や指圧のように強く抑えなくても大丈夫です。セルフケアでされるなら風呂上りが効果的です。

 

よくエステなどでリンパの流れがという表現をしますが

リンパ液は身体の水分の流れのうち10パーセント程度しかありませんので

リンパ自体を狙ってもさほど効果は出にくいと考えています。

補足

もしかかりつけの医師に相談出来るなら

ラシックスという薬が降圧利尿剤として使えるか聞いてみてください。

オシッコは近くなりますがきついむくみには即効性があります。

※親友の薬剤師からの情報です。薬の利用は医師の診察を受けて決めてください

あくまでも情報として書いてます。あしからずご了承ください。

 

また年配の方には大変かもしれませんが

こういう着圧ソックスも効果があります。

マッサージだけで良くなりますなんてとても言えません。

立ち仕事、事務仕事、夜勤や営業などさまざまな理由で

足のむくみに悩んでいる場合がありますので

仕事中も使える。マッサージに行けなくても自分でなんとかする

そういったアドバイスもしていきます。

スポーツ選手特に当院の場合はマラソンランナーが多いので足の疲労回復にもマッサージをしています。

月間700キロ走るツワモノもいますので

しっかり血流を促して疲労感や筋緊張を緩和していかないと故障の原因となってしまいます。

 

逆に言えば700キロ走っている方のメンテをうけもっている、効果があると仰って頂けるならば、ハードな勤務や立ち仕事などで足の疲れに悩んでいる方の疲労もしっかりケア出来ると言えるはずです。

 

どうにかしたいナーとお悩みでしたら

いつでも気軽に相談してくださいね。

 

問い合わせ先はコチラ

長文最後まで読んで頂きありがとうございました。

いろいろ治療出来るってのが当たり前になっていて

細かい部分の説明が出来ていないので

今日はむくみ、足の疲労について記事を書いてみました。

院長 鍼灸マッサージ師 関浦

 

良かったらフェイスブックのページにいいねお願いします。

ツイッターもフォロー宜しくお願いします

お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

チャンネル登録

よろしくお願いします