変わった依頼の話 【美容整形後のケア】

美容整形後の鍼

患者さんに「美容整形にて二重にする手術をしたのですが、腫れがヒドイのですが、先生治療してもらえませんか?」という普段あまり無い依頼がありました。

 

腫れの治療といえば、捻挫とか麦粒腫とか打撲の後に四畔の灸とかいろいろやりますが美容整形のアフターケアはやったことなかったので、患部自体には一切タッチしない、という方針をまず決めました。

 

そういった説明をさせて頂いて納得して頂いた上で、切開して腫れているのであれば炎症を抑えればよい事がわかりますし、担当医からも「冷やしなさい、心臓よりも高い位置で過ごしなさい、安静にしなさい」と言われているという事でした。

狙いその1 抗炎症作用

鍼は白血球の増加やサイトカインなどの産生誘導など抗炎症作用があるので炎症を抑える効果があります

狙いその2 軸索反射による血流増加

鍼をすると血流が良くなります。腫れている部位ではありませんが、眼瞼部の施術(目の下のくまに対する鍼施術→血液量が多く、血流速度が遅い部分の改善)は効果が出やすいので、同じ狙いで施術しました。

※軸索反射とは(侵害局所のポリモーダル受容器が刺激されると、発生したインパルスが、脊髄後角に伝導される。後角で、インパルスは、C線維の別の分枝に伝導され、逆行性に末梢に伝導され、侵害局所の周囲のポリモーダル受容器(C線維末端)から、神経ペプチドが遊離され、血管拡張(皮膚発赤、血流増加)、平滑筋収縮(気管支収縮、気道収縮)が起こる)

結果は良

まぁ私は学者ではなく、また鍼の大先生を目指してもいなくて、患者の期待に応えるのが仕事ですから、プロの鍼とマッサージ屋としてきっちり仕事しました。

 

「徐々に引いていたのが、すっごい一気に腫れ引きましたわ。脱ガチャピン(笑)」

というラインメッセージを頂いたのでどうやら効果があったようです。

 

まぁそれ専門で仕事はしませんが、効果あったみたいよーという報告でした。

いろいろなご相談待っています。効果が自分なりに立証出来なければやりませんよ♪

おまけ

うちを毎週利用して頂いている方にドクターをされている患者さんがいまして

その会話の中で頂いた金言がありまして

「考えた上でやった治療はたとえ効果が無くても意味はある」が

「考えないでやった治療で効果があってもその意味が無い」←だいたいこういう話だったはず

という話をして頂いて、本当にその通りだなと考えさせられました。(感動)

 

この記事を書いていてまた思い出しました。いい言葉だから書いてみました。

 

どこまでいけども、医師にはかないませんし、いつも高い志にただただ尊敬します。

 

自分はマニュアルでアナログで検査機器が一切使えない【停電とか】

薬は無し。道具も無い。まったく手しか使えないという限定の話なら

少しは世の中のお役に立てるのではないか?と考えています。

 

さらに人間だけで言うならば

志と技と依頼者の期待に応える気持ちだけは、常に世界一でありたい。

素晴らしい医療人でありたいと日々考えて手を動かすようにしています。

おしまい

お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

2017年

7月

24日

予約一覧

続きを読む

チャンネル登録

よろしくお願いします