腰痛の狙いどころ(つるみ鍼灸まっさーじ的考え方)

おはようございます。

1月12日さきほど往診から戻りました。

今週もよろしくお願いいたします。

 

冷えると腰が痛くなりますね。

昨日扇町公園で子供たちと遊んでいて、

ずーーーっと滑り台見守っていたら、段々と腰が痛くなってきて、座っていても立っていてもたまらない痛みを体感しました。

 

血管収縮+筋緊張ですね。

こういう時はじっとしていても仕方ないので歩きましょう。血流を促して体温を上げていきます。

 

それでも痛みが残ったら

前にかがみ痛いか

後ろに反って痛いか

横に倒して痛いか

腰を捻って痛いかをチェックしてください

前かがみと後ろに反って痛いものは腰よりもその周囲の筋肉から痛みがきています。

※ただし座ってみて屈曲・伸展で痛い場合は体幹部に原因あり。

 

前屈・後屈の動作に使う筋肉

専門的に言うと大腰筋・殿筋ですね。ここを狙います

側屈時痛は腰方形筋

回旋は上にプラス最長筋・腸肋筋を緩めます。

反対側に痛みがあれば多裂筋

治らないと思って悩んでいる方は多いですが、腰痛はレッドフラッグを見分けて

治せる範疇であればきちんと診ていればよくなりますよ。

 

※レッドフラッグにあてはまる方は"緑かねこ整形外科"を紹介させて頂いております。

金子先生のリハビリ室には"大阪桐蔭高校の野球部トレーナー"さんも所属していて

スポーツ整形・変形性疾患・リウマチ・小児整形のスペシャリストだと思います。

 

うちの子供も受診しています。

 

※レッドフラッグとは

  • 1.年齢 20才以下または55才以上
  • 2.最近大きな怪我をした
  • 3.安静にしていても強くなる痛み
  • 4.胸部痛
  • 5.癌,白血病など悪性腫瘍の既応
  • 6.ステロイドを長期間使用した(喘息膠原病等)
  • 7.薬物乱用,免疫抑制剤,HIV
  • 8.全身体調不良
  • 9.原因不明の体重減少
  • 10.神経症状(排尿,排便困難,坐骨神経痛,下肢しびれ等)
  • 11.背骨が曲がっている
  • 12.発熱

お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

2017年

7月

24日

予約一覧

続きを読む

チャンネル登録

よろしくお願いします