クーラーで冷えて足がだるい方の来院が多いです

もう8月ですね。暑い日が続いています。

クーラーも必需品となり、ずっと冷たい風に当たっていると

『足がだるい』『足がむくんできた』『足の疲れが取れない』

といった相談が増えています。

 

今日はつるみ鍼灸マッサージ院で指導しているとっておきの

足のトラブル解決方法をご紹介します。

 

  • なぜ足がだるくなるのか?

足のだるさの原因=足のうっ血です

 

うっ血とは【静脈の血液の流れが悪くなって滞留する状態静脈の一部が強く圧迫されたり、詰まったりして局所的に起こることが多いが、心臓の力が弱まって全身的に起こることもある】大辞泉

 

心臓から足先まで行き渡る血管は動脈です

足先から心臓へ戻る血管は静脈です

要は静脈の流れが悪い=うっ血 そしてうっ血するとだるさに繋がります。

 

結論というか解決方法から先に書きます!

血流をよくする事

筋肉を柔らかくする事

足を温める事

を考えましょう。

 

具体的な解決方法と理由を以下に書いていきます。

 

これが疲労回復しない人の悪循環 (vicious spiral)

  1. 足に負担がかかり疲労が蓄積し筋肉が硬くなります。
  2. 筋肉が硬くなると血管も硬くなります。
  3. 硬くなった血管は伸縮性が悪く血行が悪くなります。
  4. さらに冷えると血管は収縮してしまう為にますます血流が悪くなります
  5. 血行が悪くなると老廃物(疲労物質や発痛物質)が蓄積します
  6. 蓄積した老廃物が血管を刺激して緊張させます
  7. 緊張した血管は反射的に硬くなります→1に続くループ

この疲労スパイラル(vicious spiral)をどこかで切ってあげる事が

解決する原則なのです!

 

スパイラルを切る方法は何か?

 

【足に負担がかかり疲労が蓄積し筋肉が硬くなる】の解決方法

 大事なのは硬くなった筋肉をやわらかくする事

 自分で出来る方法はストレッチが良いと思います。

 爪先を自分の方に引っ張って伸ばす【30秒】

 親指と小指を開いて伸ばす【30秒】

 足指をグーの状態にして手でその指をさらに曲げて伸ばす【30秒】

※伸ばす動作は反動をつけてしないでぐーーーっとゆっくり伸ばすと効果があります

※しっかり伸ばすと柔軟性が高まり筋肉は柔らかくなります。

 

【血行が悪くなると老廃物(疲労物質や発痛物質)が蓄積する】解決方法

大事なのは流れが悪くなった血流を元にもどす事

 運動する(歩く・泳ぐ) 筋肉を使うと乳搾りのように圧力で血液が流れます

 同じ姿勢は疲労を溜める原因になるのでこまめに休憩して少し身体を動かします

 寝る時に足を少し高くして【タオルを丸めて敷く】血流が戻りやすくします。

※歩く運動は心拍数なども増える為血流はかなり良くなります。

※水泳は心拍数の増加と適度な水圧が血流の改善に効果があります。

 

【足が冷える=冷え症】解決方法

大事なのは冷える原因から遠ざける事

 エアコンには直接あたらないようにする。または膝かけなどで防御する

 冷たい飲み物を多くとらない事=東洋医学的に冷飲は身体を冷やすとされます

 シャワーだけで終わらず、40℃ぐらい湯船にゆっくりつかる

※体温=血液の温度です。よって入浴で体温があがる訳ではありませんが

 冷えて緊張状態にあった身体を温める事によってリラックスさせる為

 結果的に血流改善や緊張を解く=軟らかくする為、入浴は効果的と言えます

 

東洋医学では飲食物も身体を冷やす要因になると言われています

 

例)南方の食べ物=冷える 暑い地方の人は冷える食べ物を好む・沢山栽培する

 柿・スイカ・梨・バナナ・みかん・メロン・レモンなど冷やすとされる

 

白い色の物=冷える

 白米・白ごま・白砂糖・白ワインなど白色は冷やすとされる

 

葉物=冷やす(冷える物は暖かいものに寄っていく習性がある)

 根菜類・芋類が温めるという考え方も葉物の考え方と正反対からとされる

 

冷えてつらい時は身体を冷やす食べ物は食べないようにしてみませんか?

 

おさらい

身体が硬くなる→ストレッチなどで軟らかくしてみる

血流が悪くなる→血行が良くなる軽い運動をしてみる

冷えてしまう →冷える原因から身体も守る

 

なんだ読んでみたら基本的な事じゃないか?と思われるかもしれません

次項につるみ鍼灸マッサージ院での治療内容も記述しますが

基本的に生活改善しないと優れた治療をしても元に戻ってしまいます。

歩いて、風呂で温もってストレッチして寝る。

たったこれだけの事ですから5分で良いので今日からはじめてみてください。

少しでも足が楽になりますように。

つるみ鍼灸マッサージ院の解決手段はというと

すばり強擦法をします(痛くて気持ちいいぐらい)

 

Clarins というむくみや冷えにとても効果があるオイルを使用します。

 

  1. 足首以下に塗布します
  2. 足先からアキレス腱までゆっくり軽擦します
  3. 指圧の定圧(強めでの定圧7秒)場所は足底反射区の副腎・尿管・膀胱を刺激
  4. 外側・中側・内足に分けて指顆軽擦をします(私は示指と中指で擦上します)
  5. 第一趾と第五趾をけん引しながら横中足靭帯をゆるめます
  6. 底側踵舟靭帯・短足底靭帯・長足底靭帯・足底腱膜をゆるめます
  7. 長腓骨筋腱・後脛骨筋腱・長母趾屈筋・長指屈筋の腱や腱膜をゆるめます
  8. 最後に軽擦と叩打・軽くストレッチで終了です

ほとんどの患者さんは劇的に改善します(そりゃ全部疲労を流せば楽になります)

硬くなった部分は柔らかくしますし、血流もマッサージで流しますので

vicious spiralは断ち切られ、回復する力を取り戻します。

 

しかし生活パターンを改善しないとまた同じ症状で来院します。(同症状繰り返す)

治効技術と理論そして指導あっての治癒に繋がると考えています。

 

リラクゼーションサロンとは違うのは解剖学的な部分から土踏まずというアーチ形成を考えて、按摩マッサージ指圧師としての治効を考えている点です。

リフレクソロジーの反射区も否定はしませんが、国家資格者として同じでは物足りないと考えています。26個の骨と2個の種子骨についてや7個の足根骨を理解して

骨、靭帯、筋、腱、腱鞘を把握してマッサージする事が大切と思います。

 

 

お問合せ

お問合せ、ご予約はコチラ

つるみ鍼灸マッサージ院、院長関浦亮の似顔絵。肩こり腰痛などに鶴見区の鶴見鍼灸マッサージ院で痛みを取り除く

 

お電話でも相談可能!


電話 0120-801-154


メール相談も受け付け中

info@tsurumi-massage.jp

受付時間

9:00-21:00

※いずれの時間帯も予約制となっています。

●予約電話番号

 無料通話: 0120-801-154


→院の場所はコチラ

院長ブログ

ブログページはコチラ

2017年

7月

24日

予約一覧

続きを読む

チャンネル登録

よろしくお願いします